就職の決め手は「トイレ」でした

 就職活動ではいろんな企業を訪問したのですが、他のどの会社よりもトイレがキレイだったのが仙台小林製薬でした。目の届きにくいところにもちゃんと気を配っている会社だから、きっと働きやすいところに違いない。そう考えて入社を決めました。

 小さいころから機械いじりが好きで工学部に進みました。就職で志望したのは、機械の知識をいかせる製造業。なかでも仙台小林製薬は、生活に身近な製品をつくっているので、自分が手がけたアイテムに触れる機会も多く、手ごたえを感じられる仕事だと思いました。

生産ラインはパーツから手づくりです

 現在は液体ブルーレットの量産ラインを担当しています。先輩たちの創意工夫が詰まった自動化ラインですが、じつはまだ人の手が必要とされる場面も多く、それをいかに改良してより効率のいいラインに育てていくかに知恵を絞っています。

 主な仕事はラインの管理・運営で、トラブルが発生したときは原因を調べて即時対応にあたります。マシンの修理も自分たちで行います。社内には「工作室」があって、必要なパーツを手づくりで製作することもあります。メカいじりが好きな人には、わくわくする場所ですよ。

小岩さんのある一日

4:30
起床(今日は早番)
5:30
出社
生産ラインの立ち上げ
生産ラインの運営
ライントラブルへの対応など
(合間を見て改善活動)
10:00
機器メーカーとの打合せ
11:00
昼食(会社で注文した唐揚げ弁当)
12:00
次の勤務帯への引き継ぎ
合理化案件の改善
ライン安定化・効率化への取り組み
15:30
退社
18:00
帰宅(夕食を腹いっぱい食べて一日の疲れを癒します)
22:00
就寝(明日も早番なので早めに寝ます)
会社の仲間とフットサルチームを結成。練習時間の調整がけっこう難しい。